直方市内の引っ越し費用を格安に出来るチャンス!

引越し作業風景

 

直方市の基本情報

  • 人口:約6万人
  • 面積:約62平方キロメートル
  • 人口密度:約925人/平方キロメートル
  • 市役所の住所:〒822-8501福岡県直方市殿町7-1
  • 市役所の電話:0949-25-2000(代表)

 

直方市内の引っ越し費用【相場】

単身 2人 4人
3〜6万 4〜7万 6〜10万

 

直方市内の引っ越し費用を格安にする為には?

 

引越し見積もり

 

直方市内の引っ越し費用を格安に済ませる為には、まずもって最初に使うべき方法として「見積もりサイト」が挙げられます。

 

直方市内の大手の引っ越し業者、優良な中堅業者に対して、引っ越し費用の見積りを手軽に依頼できるサイトが引っ越し見積りサイトです。

 

引っ越し見積りサイトを使うべき3つの理由を簡単にご紹介します。

 

複数の引っ越し業者に一括で見積りを依頼できる

 

自分で複数の引っ越し業者に見積りを直接申し込むのなら、申し込みフォームの入力を何度も何度も繰り返す手間が発生します。

 

もちろん同じ内容を全ての引っ越し業者へ電話で話す手間もかかりますから、依頼者の負担は相応に大きくなってしまいます。

 

だいたいの人が、途中で面倒になって1社や2社だけで比較して、高い費用のまま契約を結んでしまいがちです…。

 

その一方で、引っ越し見積りサイトを活用する場合には、1度の入力で直方市内のあなたに最適な引っ越し業者を選別してくれます。

 

申し込みフォームの個別入力を省けるため、引っ越し業者探しをする上で引っ越し見積りサイトは大いに役立ちます。

 

相見積もりによって引っ越し費用の相場を把握できる

 

引っ越し見積りサイトを利用すると、直方市内における引っ越し費用の具体的な相場を簡単に知ることができます。

 

直接自分で引っ越し業者に電話を入れた場合などは、見積り時にどうしても高い値段設定を組まれてしまいます。

 

1社の見積りだけでは引っ越し費用の相場も分かりませんし、雰囲気に押されて、別の人の倍以上の値段で契約してしまうことも…。

 

見積りサイトを使えば、直方市内でのあなたの引っ越し費用の相場が簡単に分かります。

 

しかも、引っ越し業者側も「相見積もりによる依頼」だと分かりますので、他社を意識して見積額を低く抑えて提示してくれます。

 

引っ越し費用を格安で済ませる為には、見積もりサイトを使って、こちら側が有利な状況で依頼することが重要です。

 

最安値の良心的な引っ越し業者を見つけられる

 

引っ越し見積りサイトを引っ越し業者探しに用いる際には、以下のようなメリットを得られます。

 

  • 相見積もりで最安値の引っ越し業者を見つけられる
  • 見積りサイト経由ならではの最安値を期待できる
  • 電話対応の仕方を参考に良心的な引っ越し業者を探し出せる

 

最安値で引っ越しを申し込みやすいことに加えて、良心的な引っ越し業者に出会える可能性も高まるのが引っ越し見積りサイトです。

 

引っ越し見積りサイトを利用すれば、複数の引っ越し業者に一括で見積りを依頼できます。

 

さらに相場を踏まえながら最安値の業者を探せますので、引っ越し時には引っ越し見積りサイトの活用が向いているでしょう。

 

どこの引っ越し見積もりサイトがおすすめか?

 

引越し見積もりサイトも多数あるため、迷っている人もおられることでしょう。

 

提携業者の数が最大級であり、実績も豊富な「引越し価格ガイド」は有名です。お得なキャンペーンが実施されていることでも評判です。

 

引っ越し価格ガイドは登録された優良な業者のみを選別してくれるので、悪質な引っ越し業者をはじめから候補に入れずに選択が可能となります。

 

直方市内の引っ越し費用を抑えたいという方には、利用したいサービスです。

 

ちなみに、引っ越し見積もりサイトを利用することにおけるあなたの負担はゼロ円です!一切無料での利用が可能となっています。

 

引越し見積もり

直方市内の引っ越しで気を付けるべき3つのポイントとは?

直方市内間の引っ越しにおいては、どのようなことに気を付けるべきなのでしょうか?

 

引越し手続き

 

事前に知っておきたい代表的な注意点を3つ取り上げてみましょう。

 

転居届の提出手続き

 

直方市内間の引っ越しでは、住民票を移動するために「転居届」の提出手続きを要します。

 

アパートやマンションの部屋を変更するだけでも、転居届の提出手続きを省くことはできません。

 

手続きは役所で実践しますが、引っ越し後14日以内に行わないと罰金が科せられる可能性があり得ます。

 

転居届の必要書類として、本人確認書類や印鑑のほか、国民健康保険証などが当てはまります。

 

マイナンバーカードなどの住所変更手続き

 

転居届の提出に限らず、マイナンバーカードなどの住所変更手続きも不可欠になっています。

 

人によって該当しないケースがあるものの、役所で住所変更する基本的な内容は以下の通りです。

 

  • マイナンバーカードや通知カード
  • 国民健康保険
  • 介護保険

 

マイナンバーカードと通知カードのどちらであっても、引っ越し後の住所変更手続きは避けられません。

 

とはいえ、国民健康保険は住所変更で済みますし、介護保険も住所変更の申請だけで介護保険被保険者証をもらえます。

 

生活インフラや各種配達サービスに関する手続き

 

引っ越し先に関係なく、電気ガス水道といった生活インフラの手続きは必要です。

 

生活インフラの手続きでは、引っ越し後の立会いやトラブルに気を付けましょう。

 

引っ越し前に各種配達サービスと契約している場合には、解約や住所変更手続きを忘れてはいけません。

 

配達サービスの中には、電話や郵送といった手段でしか手続きできない契約も見られるので注意してください。

 

直方市内間の引っ越しでは、転居届の提出手続きやマイナンバーカードなどの住所変更手続きに注意が欠かせません。

 

生活インフラの手続きは引っ越しの準備段階からしっかり進め、各種配達サービスの手続きも個別に対応していきましょう。

 

直方市内の地名一覧

  • 赤地
  • 植木
  • 永満寺
  • 上境
  • 上新入
  • 上頓野
  • 感田
  • 下境
  • 下新入
  • 神正町
  • 新知町
  • 新町
  • 須崎町
  • 知古
  • 津田町
  • 殿町
  • 頓野
  • 中泉
  • 直方
  • 日吉町
  • 古町
  • 丸山町
  • 溝堀
  • 山部
  • 湯野原

引越しコラム

引越し業者をランキングのスタイルで紹介しているサイトも多々あります。その中には気になる業者が見つかれば、素早く見積もりを頼むことができるようになっているところもあると聞いています。面倒くさいからと、適当な引越し業者にダブルブッキングする形で住まいを訪問してもらって、引越しの見積もりを出してもらうのは慎むようにしてください。そのようなときは一括見積もりを有効に利用した方が便利です。

 

引越しの相場を頭に入れておくことも大切ですが、たとえ他社よりも高い見積もりを提示した業者だったとしても、交渉を持つことによって、請負料金を引き下げてくれるところもあるのです。引越し業者の公式ページを閲覧するとわかるのですが、インターネットから見積もり申請することで、特別に割引料金が適用されるところがあるようです。格安で引越しをしたいなら、業者のウェブサイトも調べてみるとよいでしょう。

 

何年も使っていないという家財道具を引越しする住居に搬入してもらうのは止めたほうがよいと思われます。格安で引越ししたいと考えているなら、ちょっとでも荷物の量を少なくする努力をすることが肝要です。現在のピアノ部屋から引越しすることになっている先の部屋へとピアノ運送を行なう時も、専門業者に頼めば安心です。業者も数多くありますが、その中にはピアノ運送業務をメインに据えている業者も見受けられるのです。

 

利便性の良い近隣の何社かにリクエストして見積もりを提出してもらい、その引越し料金を比較してみることにより、胡散臭いとも感じられる引越し費用のざっくりした額を知ることができるでしょう。引越しの荷物を整理している際に出た不用品を処分したいと考えているなら、要らなくなった物品を引き取ってくれる業者を利用してはどうでしょうか?自宅までそれらの不用品を取りに来てくれますから、非常に助かると思います。

 

「引越しをする状況になったけれど、業者をまるっきり知らない」と言うのであれば、引越し業者をランキングの形で公開しているサイトを基準にして業者を選出するといいと思われます。引越しを依頼する業者の選定の仕方をミスってしまうと、高めの料金を求められることだって考えられます。引越し業者をランキング風に披露しているホームページを閲覧しておくことを推奨します。長い間使用してきたエアコンを新しい家でも使うかどうか頭を悩ませると思います。

 

エアコンの引越しは手間が掛かって苦労ばかりだと考えるなら、引越しを機に買い替えた方がよいでしょう。引越しの際に発生した不用品を処分するための方法として、引越し業者にやってもらうのも一手です。タダで処分というのは無理だと思われますが、手間が掛からないので重宝すると思われます。引越しと同時のピアノ運送は慎重に進めないといけない仕事なので、経験に富んだ業者を選びましょう。

 

大事にしているピアノの音色を変えないためにも、頼れる業者を選択することがカギになります。単身の引越しと言いますと、「運ぶ荷物も少量で自分一人だけでもできる」と思ってしまうことが多いのですが、全部自分自身で行うのは、すごく大変だと言って間違いありません。「引越し単身パック」を用意している引越し業者にお願いした方が簡単だしお得です。引越しする住まいには必要なものだけを運び込み、ほとんど使わないものはごみとして処理しましょう。持って行ってもらう荷物をコンパクトにすることが、格安で引越しをする秘訣でしょう。

TOPへ